鳩山由紀夫氏の正体


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


恩人の奥さんを奪い、その尻拭いを母親にさせ、自らは未だに謝罪の一言もない
政治家という以前に、品性が卑しくモラルも何もない人間としか思えない

「週刊新潮」より


仲睦まじい、鳩山由紀夫首相と、幸夫人。
テレビなどでも連日のように褒め称えられています。

しかし、あなたはご存知ですか?

この夫婦の結婚が 略奪婚 であるということを。



■在米の元夫がぶちまける「鳩山新総理夫妻」が犯した35年前の原罪「略奪婚」




(週刊新潮2009年9月24日号)

▼恩人の妻に手を出した留学生と流し目の年上人妻
▼「友愛精神」が発揮されなかった慰謝料ゼロの離婚劇
▼勤め先で漏らした欲求不満と「玉の輿コンプレックス」

「とうとう由紀夫くんが総理になりましたね。まあ、いつまで続きますか。
私としては、 彼には一国のリーダーとしてまったく期待していません
彼自身がどこまでやれるのか分かりませんが、ワイフである幸がちゃんとした内助の功で
支えられればいいんですが。
彼女にとって、 サンフランシスコでの出来事は忘れてしまいたい過去 なのでしょう。
きっと、当時知り合った人たちとは一切かかわりをもちたくないと思っているんでしょうね……」

今から40年ほど前の〝苦い〟思い出を振り返るのは田浦新一郎さん(72)である。

1960年、米国サンフランシスコで姉夫婦が日本料理店『蝶々』を開店する際、
料理人として手伝うべく渡米。
以来、姉夫婦がリタイアして後も切り盛りし、98年に閉店した。

同店はハリウッド監督のフランシス・F・コッポラやジョージ・ルーカスらも贔屓にし、
日本人ビジネスマンにも人気を博す。
平岩弓枝の小説『女の顔』にも、仮名ながら店が登場するほどだ。

その田浦さんの言う「幸」とは、言うまでもなくファーストレディ、鳩山幸夫人(66)のこと。

(中略)

結婚直後から、幸夫人は田浦さんとともに『蝶々』で働き始める。

が、今でこそ料理本をものしたり料理番組にも出演するほどだが、当時は料理はダメ。
店ではもっぱらウェイトレス、というより客をテーブルに案内する係りだった。

「でもウェイトレス同士で仲が悪く、 チップの多寡でよくトラブルを起こしていた と、
後に姉や義兄から聞きました」



そんな結婚生活が3年ほど過ぎた70年、田浦さんはある人物と運命的な邂逅をすることになる。
他でもない、 鳩山由紀夫新総理 だ(62)。

「実は、私に由紀夫くんを紹介したのもアマンドの滝原さん。
たまたま私が日本に帰っていた時、今度アメリカに留学する青年がいるから、
アメリカでの生活とか話してやってくれと引き合わされまして。
第一印象は、 世間知らずのお坊ちゃん という感じ。
その時は〝シスコに来たら連絡して〟という程度で、その後、
実際にシスコの我が家に来たんです。
その時は弟の邦夫くん(元総務相)も一緒でした。
邦夫くんとは気が合って後にゴルフにも行くようになりましたが、
由紀夫くんは弟と違うタイプでね。
暗いというか、あまりしゃべらない大人しい人でした」

その23歳の〝世間知らずの暗い青年〟が、
ほどなくして自らを不幸のどん底に突き落とす所業に及ぼうとは、
無論、この時の田浦さんは夢にも思っていなかった。



◆家を出ていきます◆

鳩山新総理は東大工学部を卒業後、スタンフォード大大学院に留学。
当時は、そのまま学究の道を目指していた。

スタンフォードからサンフランシスコまではおよそ60キロ、車で1時間ほど。
が、由紀夫青年は、田浦さんの店に頻繁に通うようになる。

「我が家でご馳走することもありましたし、店にもとにかくよく食べに来てました。
でも姉によると、 いつもお金は払わない
鳩山家からも〝これで食べさせてください〟とかお金をもらったことなどありません。
彼の世話はだいたい姉夫婦がやってまして、
日曜ごとに彼に弁当を作って届けていた ほどなんです」

やがて、幸夫人は『蝶々』を辞めさせられる。
前述のようなトラブルが続き、経営者である田浦さんの義兄から
〝家事に専念しろ〟と言われてのことだった。

それからしばらく後、ある〝事件〟が勃発する。

「義兄の家のポストに 〝弟さんの留守中、男がこっそり出入りしている〟
書かれた手紙が入っていたのです。
後で知りましたが、それは我が家の目の前に住んでいた邦銀勤務のご主人が
書いてくれたものでした。
それでも、私はまさか幸が不倫をしているとは思っていなかったし、
その相手が由紀夫くんだなどとも、まったく疑っていなかった。
だから、幸にも〝こういう手紙が来たから疑われるようなことはするな、気を付けろ〟
と言っただけで、追求するようなことも一切しなかったのです」



しかし、この頃すでに当地の邦人社会では、由紀夫青年と幸夫人の〝怪しい仲〟が
心配されていたという。
そして実際、それから1年もしない間に、第2の〝事件〟が起きてしまう。
何と、 幸夫人が田浦さんの家から出奔 してしまったのだ。

「ある日、私が帰宅すると、〝家を出て行きます〟という置手紙だけが残されていまして……。
その時初めて、ああ、2人はそうだったのかと知りました。
義兄はポストの手紙事件後、探偵を使って2人を尾行し、不貞の事実を確認していたそうです。
結局、 幸からはそれっきり、今に至るまで一度も連絡はない
もちろん、由紀夫くんも二度と店にも現れなくなりました」

結果、2年後の73年、田浦さん夫妻は正式に離婚する。
が、その手続きも、 幸夫人の母親 が突然、田浦さんのもとに現れ、
一言〝協議離婚にしたい〟と言ったのみ。

慰謝料はもちろんのこと、謝罪の言葉すらまったくなかった という。

「私としては、何だか〝もういいや〟という気持ちでね。
ドライというか、冷めた気持ちになっていました。
姉夫婦はかなり頭にきてました。
そりゃあ、 あれだけ由紀夫くんの面倒を見ていた わけですから、
裏切られた思いが余計に強かったのでしょう」

出奔後、幸夫人は由紀夫青年のもとに走り、そのまま同棲。そして2年後、結婚する。

当時、本誌『結婚』欄で報じた際、28歳の由紀夫青年はこう語っている。
<僕も彼女も、なるべく円満に事を運ぶために、忍耐強く、時間をかけました。
幸い、ご主人が話のよくわかった方で、3年前、協議離婚が成立したのです>

円満どころか、 恩人の妻に手を出した挙句の紛れもない〝略奪婚〟 だったのだ。
ちなみに結婚式直後、ゴッドマザーこと新総理の母、安子さんが『蝶々』を訪れているが、
やはり、田浦さんには会わず終いだった。

(中略)

田浦さんを古くから知る知人の実業家もこう憤る。
恩人の奥さんを奪い、その尻拭いを母親にさせ、自らは未だに謝罪の一言もない
政治家という以前に、品性が卑しくモラルも何もない人間としか思えない」

田浦さんは、政治家の妻となった幸夫人の〝ある行状〟を当地総領事館の友人から伝え聞き、
酷く哀しい思いをしたことがある。

再び、田浦さん本人が語る。
「時期は忘れましたが、幸は一度、1人でシスコに遊びにきたことがあるそうです。
その歳、シスコの総領事館の人に大きな顔をしていたらしい。
私は鳩山由紀夫のワイフよ、車でも用意してちょうだい、て調子でね
ショックだったね。何でそういう常識に外れたことをするのか……」

さらに、米国で医師と結婚していた幸夫人の実姉からかつて聞いたこんな言葉を、
いま思い出すという。
「当時、お姉さんはよく〝私は金持ちとしか結婚しない〟と言ってました。
妹の幸も派手な世界の出身ですし、やはり私の収入では物足りなかったのかも……」

(後略)


■鳩山幸 元夫・田浦新一朗氏が実名告白 私を裏切った由紀夫くんと幸へ




http://www.youtube.com/watch?v=JfvE0rdvR7A

週刊文春2009年9月24日号

小誌は9年前、鳩山幸夫人の前夫の義兄、ジェームス坂田氏の手記を掲載した。
そこには、義弟の妻を奪い、その家庭を壊した、
およそ「友愛」とは程遠い由紀夫氏の行状が綴られていた。
そして今回、前夫の田浦新一朗氏本人が、ついに重い口を開いたのである――。

(中略)

◆間男に総理は務まらない◆

9年前の取材の折に、坂田氏は憤りを露わにし、
間男をするような男、泥棒に総理大臣は務まらないでしょう
と吐き捨てていた。

その坂田氏も5年前に他界した。
「義兄があのとき発言したことを鳩山夫婦が真摯に受け止めてくれることを願っていたのですが、
最近の様子を聞くと、どうやらそういうこともないようですね」(田浦氏)

(中略)

坂田氏の手記より。
<昔から「添え膳食わぬは男の恥」という言い方もありますが、
一宿一飯の世話になった男の嫁に関しては、話は別というのが常識でしょう。
(中略)由紀夫氏には、そういったモラルが完全に欠如している>

ノリコさんが続ける。
「当時お店の休みは日曜日だけでしたが、
私たち夫婦は留学してきた由紀夫君のために車で一時間ほどかけて
スタンフォードのあるパロアルトまで行き、お弁当を届けていました。
ときどきは店にもみえてましたが、食事の代金もチップも一度も払うことはなかったです。
お金持ちのお坊ちゃまはそういうものなんでしょうか。
これでは庶民の気持ちなんてわからないでしょうね

幸さんについては、
「店の従業員の女の子と、とにかくうまくいきませんでした。
いただいたチップの取り分が原因で揉めたことも一度や二度ではありません。
恐らく、 いつでも自分が一番目立ちたいという性格 が災いしたんでしょう。
店には有名人のお客様も多く、訪米時には空港まで迎えに行っていましたが、
そういうときはいつも張り切っていましたね。
森繁久彌さんがいらしたときに、 私の着物を貸しましたが、いまだに返してもらってません
〝私お金がある人じゃないとダメなの〟と口癖のように言っていました」

ノリコさんも最近、テレビの国際放送などで、幸さんを目にすることが増えた。



「相変わらずのようですね。
幸は〝人生には無駄がありません。前夫の家が料理屋で、 そこでお料理を学んだおかげで
今お料理の本を出したりできた〟
と言ってましたが、 彼女が厨房に入って料理をしたことは一度もありません
彼女の仕事はいらしたお客様をテーブルまで案内するのがほとんどでした。
もともと幸は知人と一緒に突然シスコにやってきて、3日目から弟の部屋に
入り浸ってしまったんです。
困った弟は別の部屋で寝ていました」

翌年、田浦氏は幸さんに押し切られる形で結婚する。
しかし、前述のように従業員とのいざこざが絶えず、坂田氏は幸さんに店を辞めさせた。

当時のことを幸さんはこう振り返っている。
「私は家を出ます、って言ったの。
(中略)贅沢な話だと言われるんですが、それまでの結婚は自由でしたが生活感がないというのか。
お金を手にしないでも サインとカードで暮らせるアメリカ生活 に物足りなさを感じていたんです。
自分で給料をもらって、その中でやりくりをするようなことがしたかった」
(『週刊朝日』95年12月15日号)

◆葬儀に花を贈った弟・邦夫氏◆

ノリコさんが続ける。
当時のアメリカはまだカード社会ではありませんでした
幸は昔から、自分をよく見せるために、ストーリーを作ることが多かったですね

由紀夫氏との出会いについて、幸さんが語っていることにも、事実とは異なる点があるという。

幸さんの説明。
「今度この人がアメリカに行くからよろしくね、という感じで 里帰りで初めて会った のね。
あたし別に興味なかったんだけど。
世の中偶然がないからね、これが必然で赤い糸だったって思うのが、
同じ飛行機で(シスコに)行ったのね。
1年くらいしてからダウンタウンを車で走っていたら彼を見かけて、これが2度目の出会いね。
それから毎週シスコに出てくるようになって、私が食事を作ってあげて・・・・・・」
(テレビ東京『美女放談』での発言より)

ノリコさんが言う。
「幸が初めて由紀夫君に会ったのは、
私たちと一緒に由紀夫君を迎えに行った空港 だったと思います」

◆前夫から最後のメッセージ◆

田浦氏も、
「偶然っていうのはそんなに重なるものなんですかね(苦笑)。
私が最初に由紀夫君に会ったのは、たしかに知人の紹介で東京でしたが、
その時は幸はいませんでした」

自身の都合のいいようにストーリーを展開するというのは幸さんのみならず、
由紀夫氏も同様のようだ。
75年3月、鳩山夫妻は結婚。

当時のマスコミには鳩山家の御曹司がバツイチの女性と結婚するというので、
随分書き立てられた。
不義理の末の駆け落ちと報じられたが、由紀夫氏は、
<それは間違いです。 僕も彼女もなるべく円満に事を運ぶために、忍耐強く、時間をかけました
(『週刊新潮』75年4月10日号)

しかし鳩山夫妻は、幸さんが田浦家を出てから一度も、
田浦氏はもちろん坂田夫妻と話し合う機会も持とうとしなかった

「由紀夫君のお母さまの安子さんが、二人の結婚式のときにお詫びにおいでになっただけです。
主人が亡くなったときに、弟の邦夫さんからはお花をいただきましたが、
由紀夫さんからは連絡すらありませんでした
(ノリコさん)

坂田氏は手記の最後に自身の思いをぶつけている。
<モラルのない人間が政治をやると、それはただの『政治屋』になってしまいます。
先の大戦で無辜の民を苦しめた日本の政治家は、依然として同じ体質なのでしょうか。
(中略)こんな男に国をまかせておいていいのか・・・・・・>

渡米して50余年が経つ田浦氏も、遠い異国で日本の行く末を憂えている。
困ったことが起きると雲隠れし、挙げ句母親に詫びを入れさせる。
そんな男が日本の首相の座につく

(中略)

民主党が第一党になった翌日、スポーツニッポンの手記に
「家庭を守れない者に国は守れません」 と、幸夫人は書いた。
かつて人を傷つけた自覚があれば、こんな言葉が軽々しくでてくるはずがない。


いかがでしょうか。
もちろん、これはあくまでもプライベートの話であり、
実際の政治とは直接関係ありません。

しかし、

漢字を読み間違える麻生前首相
恩人の妻を奪って美談を仕立て上げる鳩山現首相


日本国民としてどちらが恥ずかしいでしょうか。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。