何が起こっているのか?

経緯


学ぶ会の活動の目的

  1. 謙虚な人になる
  2. 気付く人になる
  3. 感動の心をはぐくむ
  4. 感謝の心が芽生える

トイレ掃除による教育を広めたのは、イエローハットの創業者、鍵山秀三郎氏。
鍵山社長自身の(素手での)トイレ掃除によって自社の業績アップを実現したとされる。
(詳細は、掃除に学ぶ会創唱者「鍵山秀三郎」を参照のこと。)
すなわち、簡単に言ってしまえば、
トイレ掃除を通じた成長
を期待した活動である。

問題点

主催側が期待することが実現出来るのかどうか?

鍵山氏が行ったトイレ掃除のお陰で会社の業績が上がったという前提で考察する。
鍵山氏は、「社長自ら、自発的に毎朝会社のトイレを素手で掃除した」のだ。
社員や顧客からの依頼でも強制でもなく、あくまで"社長自ら自発的に"行った。

これを、今回の中学校の事例に当てはめよう。
トイレ掃除の主催者はPTA会長、参加者は中学生である。
これを無理やり社長と社員に当てはめれば、
社長=PTA会長、社員=中学生
ということになる。
即ち、
社長が社員に素手でトイレ掃除をやらせたのと同じである。

PTA会長自身が一緒にやったかどうかは重要な問題ではない。
今回の活動の主役、トイレ掃除をやらせられる側が中学生である以上は、
鍵山氏が実践した活動と同じであるという主張は、まったく通らない。

もし、鍵山氏の活動を忠実に模倣して中学生の成長を期待したいのなら、
PTA会長自身が毎朝中学校のトイレを根気よく素手で掃除しつづけなければならない。
もちろん、その間は
中学生に素手でのトイレ掃除を依頼したり勧誘したりしてはいけない。
強要などもってのほかである。
鍵山氏がトイレ掃除を続けていたら、鍵山氏が強制せずとも、自発的に鍵山氏と共に掃除を始める職員が出てきたそうだ。
ちなみに、鍵山氏がトイレ掃除をはじめてから業績向上につながるまで3年かかっている。
つまり、
PTA会長が最低3年間根気強く毎朝中学校のトイレ掃除を続けるのが、正しい方法なのである。

中学生に拒否権があったのか?

鍵山式の素手によるトイレ掃除は、"自発的に行うこと"がキーポイントだ。
やりたくない人が無理やりやらされたら、拷問とか虐待とかである。
もしこれが強制参加であったのなら、大いに問題である。
参加が強制であったのか任意であったのか。
形式的にどうであったのかは情報が見当たらないので、両方考察する。

まずは強制参加の場合。
強制参加の学校行事と言われてしまったら、生徒に拒否権などない。
社会人が自分の責任で就職した企業で素手トイレ掃除をやらされそうになったら、嫌ならやめれば良い。
しかし、義務教育の中学生は、嫌だからと言って自由に出ていくことなどできない。
ましてや、入学する中学校は生まれた家によってほぼ固定されてしまう。中学生に責任などないのだ。
(中学受験の存在するような都会の場合は上記が当てはまらないケースがあるが、特に田舎は家からの距離で通う中学校が決まってしまうことがほとんどだ。)
強制参加の参加を拒否してしまったら、当然内申に響く上に、教員の間で問題児のレッテルを貼られる恐れがある。
内申や成績を人質に取って参加を強要するようであれば、
それはもはや 脅迫 である。
中学生自身に責任がないのに、この中学校に入ってしまったがために、嫌でも素手でトイレ掃除をしなければならない状況を、
子供たちを守るべき大人が作り出しているとしたら、憤りを覚えずにはいられない。

では、任意参加の場合はどうだろうか。
これは、「任意」ということをいかに強調したかによって、評価が変わってくる。
教員が、事前に「トイレを素手で掃除させられる」ということを念入りに伝えた上で、
「それでも参加するか?嫌なら遠慮なく言うように!」
ということを徹底して伝える必要がある。
形式的に「任意参加」を謳っていても、
「参加しなければ欠席扱いとする」「学校への居心地が悪くなる」「教員や他の生徒に白い目で見られる」
他、あらゆる不利益を回避する努力をしなければ、
暗黙の強制 である。

衛生的問題

幼稚園、小学校、中学校と、うがい手洗いの教育をされる。
これは、公衆衛生の観点から、雑菌やウィルスなどによる疾病を防止するのが最大の目的だ。

では便器を素手で掃除することは、公衆衛生的に見て問題がないのだろうか。
実は過去に香川県で、トイレを素手で清掃した事が原因と疑われる事故が発生している。

熊本掃除に学ぶ会の記事によると、小学生の指先の傷口からの雑菌(と疑いのある)により化膿・入院・20数針を縫うという事態が発生している。
人それぞれ思うところがあるだろうが、私個人の感覚では、
実際に効果があるのかどうかも分からない教育活動の一環とやらで、
他人の糞尿の雑菌で化膿して20針も縫う大怪我で入院なんかさせられたらたまったもんじゃない!
というのが正直なところだ。
また、記事の「お願い事項」の項目を抜粋すると、
  1. 汚物がある場合は、 直接、素手で触れることなく 枝付ブラシ又は手袋にて汚物を除去してから掃除に入ってください。
  2. 素手を強要しない、特に素足は危険を伴うので下穿きか長靴を使用すること。
  3. ゴム手袋、長靴を必ず準備していただき必用に応じて使ってもらう。
  4. 掃除前のプロテクトX1の摺り込み、特に、指と指の間の付け根と爪先を念入りにして、掃除中でも必要に応じ追加して摺り込みしてください。
  5. 終了後、石鹸での手洗いと消毒を必ず実行する。更に3月10日に送付しました病院で消毒用に使用の『ヒビスコールSジェル』(医薬品)も活用ください。
とある。

素手で汚物に触れるなと、はっきり書いてあるではないか。

10/20の報道では、
感染症防止のためビニール手袋をした生徒もいたほか、素手の場合は感染を防ぐ薬のようなものを塗って実施した

感染症の恐れもあるため、素手に薬のようなものでコーティングしたり、手に傷のある人にはゴム手袋を付けてもらう

とある。
薬のようなものという表現がひっかかるが、つまり
手に傷のない中学生は怪しい薬を塗って、問答無用で素手で便器清掃
と解釈できる。
熊本掃除に学ぶ会の記事によれば、
素手に薬を塗っても、それでも化膿して20針縫う大怪我が発生 したのだ。
こういう事例があるのに、熊本掃除に学ぶ会の記事の警告を無視して、
あえて中学生に危険な行為をさせた
ということになる。

まとめ

以上のことから、私は今回の騒動を、次のように結論付ける。
  • 自発性のないトイレ掃除を押し付けても、鍵山氏の想定する方向での成長は必ずしも期待できない。安易なトイレ掃除押し付けは、 バカの一つ覚え である。
  • 素手によるトイレ掃除など、 絶対に強制してはならない 。任意参加を謳ったとしても、断った生徒が不利益を被らないよう最大限に努力しなければならない。
  • 素手で汚物に触ることは、 公衆衛生上大いに問題がある 。たとえ生徒が希望したとしても、厚いゴム手袋や厚いビニール手袋の着用を義務付けるべきである。


↓ご意見、ご感想等お待ちしております↓


  • 人間のクズが人が嫌がる事を強制して喜んでるだけだろ。 -- 名無しさん (2010-10-21 03:27:31)
  • 要するにそういうことだな -- 名無しさん (2010-10-21 04:14:10)
  • ここも見とくべき http://sa6.blog78.fc2.com/blog-entry-1.html -- 名無しさん (2010-10-21 20:07:52)
  • 責任者からの返答はないんでしょうか? この経緯を見るかぎり、返答によって責任者には謙虚さも気付きも、感動も感謝もないことが露呈しそうな感じですが。 -- 名無しさん (2010-10-24 17:42:58)
  • 現在、地元町議とも相談の上、山元町教育委員会に対し、抗議活動中です。いずれWEB上で公開いたしますので、ご支援をよろしくお願いいたします。 -- 山元町内在住自営業 (2010-11-03 11:22:54)
  • 痛いニュースで取り上げられていたため、過去に実際に学生が病気等にかかったケースがなかったかどうか調べていたところ此方に行き当たりました。非常に参考になる記録でした。有難う御座います。 -- 名無しさん (2011-07-11 03:58:11)
  • http://blog.goo.ne.jp/ikikcoco/e/65ba673119efd8c0037e0e488e4c33d8 -- 名無しさん (2013-03-28 22:01:07)
  • 一度、参加してみたらどうでしょう?? -- 名無しさん (2014-05-11 17:41:20)
  • 批判するのは簡単ですが、まずはこの活動通して意義に共感して、それでも理解できなのであれば、批判してもいいかと思います。この活動は鍵山先生の信念が実施者に行き届いていれば、とても良い実践だと思います。素手でのトイレ掃除は発見が多いですよー!! -- 名無しさん (2014-05-11 17:49:53)
  • はい。私は実際にこの活動を経験しましたし、「鍵山」の発言もほとんど聞いてきましたが、全くもって共感できる部分がありません。発見することも -- 名無しさん (2014-05-13 00:26:49)
  • 何もありませんでした。だから批判しています。何か問題がありますか? -- 名無しさん (2014-05-13 00:27:30)
  • 掃除の会について私は反対です。 他所の掃除をするのなら、自分の会社をまず掃除すべきです。 公共施設の掃除など、なぜ市がやらないのか? 学校の清掃、学校が綺麗に掃除させる教育をしていないことが問題では? 普段掃除をしない人々がこのときだけ見栄を張って掃除してるようにしか私は見えない。 素手でやることがまず理解できない。衛生的にも悪ければ、効率も非常に悪い。 日本は何でも精神論に結びつけるところがブラック企業を生み出す要因だと私は考えます。 これはその最たる一例のひとつ。 私は一度参加し、素手で公共トイレの掃除をさせられましたがなんら心など洗われませんでした。 掃除の好き嫌いに関わらず、二度と参加したくはありませんし、 強制的に参加させられる子供たちがかわいそうです。 -- 名無しさん (2014-05-20 11:13:08)
  • 病気にはならないかも知れないけど、心の「教育」として本当に効果があるのか検証されてないのでは?自己啓発にかかりやすい一部の人には効果があるかも知れませんが、外の何かよりトイレ掃除、それも素手素足の掃除の方が効果があるとは思えないです。第三者の検証が必要でしょう。学校の報告だと「やったから」「やらせたから」バイアスが係ってしまいますので。 -- 名無しさん (2014-05-31 23:00:39)
  • 汚いよね -- ERC-X (2014-10-14 10:48:09)
  • 掃除の会に俺は反対する。 衛生的によくないし心も汚くなるからな -- ちんちん (2014-10-14 10:51:00)
  • 人が嫌がることをやってるから偉いでしょう的な嫌らしさを感じる。 -- 名無しさん (2014-10-29 22:31:20)
  • 能力のある人はもっと別のことで学びます。 -- 名無しさん (2014-10-29 22:33:21)
  • 実は『素手でトイレ掃除』を取り入れたがる企業は少なくない。社員の自尊心を打ち砕き、言う事をよく聞く『使い易い人間』に育てるためだ。社員にこの『シゴキ』を強要している経営者を見るがいい。彼らほど『謙虚・感謝・気付き』を欠いた人間は居ない。この実践に何の効果もない、何よりの証拠だ。 -- みしま (2014-11-17 19:33:31)
  • 私も参加したことがある。自発的に参加してみたわけだが、謳われているような思いになることはなかった。唯汚れているからきれいにした、という事実を体感しただけ。謙虚も何もない。汚れていればそこをきれいにするのは当たり前のこと。その当たり前がない人が多いからこのような活動が膾炙するのだろう。衛生的にはとんでもないことで、きれい事を言う前に、衛生対策が必要だろう。 -- みー (2014-12-29 12:39:17)
  • まあ安くて古臭い自己啓発だよね こんなのに何の疑問を持たないのは余程の低能くらいだろう 便所掃除がしたきゃゴム手袋使いな -- 名無しさん (2015-07-20 00:34:48)
  • うちの学校でもやらされたんだがwwwwwwwwwwww -- 名無しさん (2015-09-02 17:23:35)
  • 掃除の会のみなさん、繁華街の泥酔者たちが放出したクソとゲロまみれのトイレもお願いします -- 名無しさん (2015-11-15 18:20:33)
  • トイレの掃除をすることは、いいことだとおもいますが、感染の問題は、どうされてるのでしょうか? -- なー。 (2015-12-03 12:12:57)
  • 感染防止のジェルは、完全な防止にはならないとおもいます。 -- 名無し (2015-12-03 12:14:39)
  • これもう奉仕どころかスカトロ性癖の押し付けだろ。 -- 特命希望 (2016-03-14 14:14:11)
  • http://midori-school.ed.jp/kasahigashi/?p=1167 -- こちらは授業 (2016-04-03 12:23:36)
  • 初めてホテルのルームメイクの仕事に就きました -- りか (2016-06-14 16:24:04)
  • そっち系の性癖の人は良いんだろうが…もし今後子どもが出来たら最初に通う学校の掃除についてから調べるようにする -- 名無しさん (2016-07-22 21:50:01)
  • スカトロ性癖の押し付けで草 -- 名無しさん (2016-09-05 02:12:09)
名前:
コメント: