ラッタ

No.020 タイプ:ノーマル
特性:にげあし/こんじょう
入手可能ソフト:FR/LG/XD/ダイヤモンド/パール
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ラッタ 55 81 60 50 70 97
特性発動
V252振り
55 147 60 50 70 97
オノノクス 76 147 90 60 70 97

序盤ノーマル HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
根性はりきり溝鼠 55 81 60 50 70 97
おみとおしトリック鼬 85 76 64 45 55 90
腹太鼓じたばた穴熊 78 70 61 50 61 100
単純ムラっけビーバー 79 85 60 55 60 71
かたきうち針鼠 60 85 69 60 69 77
ちからもち兎 85 56 77 50 77 78


ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) かくとう
いまひとつ(1/2) ---
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ゴースト

さり気なく泳ぎが得意という設定を持つ…が水タイプの技は殆ど覚えてくれない
なみのりはもちろんのこと尻尾があれば大抵使えるアクアテールすら使えない
あまごいと初代限定のバブルこうせんとみずでっぽうぐらいしか覚えてくれない
ちなみにこいつのモデルであるドブネズミ(ラット)も ドブ ネズミというだけあって泳ぎはうまいようである
↑なみのりを覚えるのは、泳いだ状態で人を乗せられるorイカダを牽引するだけのパワーがある、というのが基準だと思う
さすがにネズミの泳ぎじゃパワー不足なんだろう
↑しかしは覚えるという謎

見た目に反して、えげつない火力を誇る元祖序盤ノーマルポケモン。
そして、初代で多くのトレーナーが最初に出会うねずみポケモンでもある。

どうでもいいけど必殺前歯と怒りの前歯って紛らわしいよね。名前と効果は大して関係ないし
↑そうだよな。きあいだまときあいだめは名前は似てるのに全然紛らわしくないし。
↑↑紛らわしいかどうかは置いといて、効果が大して変わらないってのは冗談で言ってるよな?
↑「大して関係ない」って書いてるようにしか見えないのは俺の気のせいか?
↑×3 どっちも同じ前歯で攻撃してるはずなのに効果が全然違う、これはラッタの精神的な問題なのだろうか?w
↑それを言ったらパンチ系の技とかはみんな精神的問題で効果が違うのか
↑↑↑↑きあいだ○は攻撃と補助だし、気合をどうするのかだから分かりやすいけど、
こっちは両方とも攻撃技な上、ひっさつといかりのだから分かりにくい。
↑×7 ひっさつまえば=必殺=止めを刺す、と覚えるんだ。

なお赤緑版ライバルの初期手持ちであるが、ポケモンタワー戦からPTを外されてること、
ライバルの言動などから死んだという説がある。ネズミだけに短命?
↑ロケット団にやられたという説もある
↑シルフカンパニーでロケット団と戦う主人公に対して「俺は関係無い」みたいな発言をしている事から、無いかと。
一応ポケモンタワーに葬りに行く程度には、大切にしている以上、殺されたのなら、もう少し違う反応をしてたかと。

タイプ不一致火炎車を使えるのはこいつ(とコラッタ)だけ。(ドーブル除外)
そもそもこいつどうやって火炎車を…
まさかこいつって本当は火鼠なのかな?
↑伝説上の生物ね。確か竹取物語あたりの難題にも使われてたね。まぁこいつが燃える元ネタは明らかにそれだろうけど。
火鼠「俺の立場について話し合おうか」

なお、かえんぐるまが技の候補になりうる数少ないポケモンでもある。
↑こいつって初代のノーマルポケらしく10万だの吹雪だの覚える割に大文字や火炎放射だけは出来ないんだよな
覚えりゃ役割破壊としては十分だったとは思うが

ゲーフリ1「ラッタは根性にするか」ゲーフリ2「鋼で涙目」ゲーフリ1「火鼠っていうのもあるし火炎車でも覚えさせておくか」
こんな感じだと思ってた
↑火炎車の登場は2世代からじゃなかったか
↑鋼の登場も2世代。つまりそういうことだ
↑↑そもそも特性自体3世代からd(ry

第一世代のおつきみやまの半ばで出てくる、ロケット団員の手持ちのラッタに全滅させられた人は多いはず。
男らしく単騎で挑んでくるのだが、Lv16とその時点ではかなり強いうえに
タイプ一致で実威力120のひっさつまえばをガンガン振ってくるので、生半可なポケモンではあっという間にやられてしまう。
そしてそのせいで、中盤あたりまでは「ガッ!!」というラッタの独特な鳴き声を聞くたびに怯えるようになる。

最近ポケモンスクランブルで最初に操作できるポケモンという中々のポジションに着いた
・・・と思ったら即使い捨てされてしまったでござるの巻。
↑別に自分は何もしてないけどものすごい罪悪感にかられるんだが。あれ結構ひどくなかろうかw
↑成長しないから使い捨てて行くしかないんだよな…。

ちなみに全ポケモンの中で登場の仕方に一番驚かされたであろうポケモン。
まさかピカチュウバージョンのオツキミやまで
ロケット団の手持ちとして早々とデビューするとは…。
↑逆。青版までラッタで、ピカ版からは居なくなってるよ。
↑↑その地点での必殺前歯はかなり痛かった。タケシに楽勝で勝ったトレーナーでも油断できなかった。
↑よう俺。1匹だけ出してくるんだが、ポッポとフシギダネが瞬殺されたのはいい思い出。石礫にその辺で拾ったメガトンパンチ覚えさせて強引に突破した記憶があるぜ^^

アニメ初期でヤマトコサンジが連れてたような。ニャースと同じ位置で。
↑コサブロウ「だから、コサブロウだって言ってるだろうが!」
↑↑「桃色のあしたが待ってるぜ!」・・・こいつのどこが桃色なのか小一時間(ry

名前の由来は恐らくドブネズミ(rat)だろうけど、北欧神話の「ratatoskr」もあるような気がする。
ちなみに意味は「走り回る出っ歯」
↑2chで有名な出っ歯
↑↑どうかんがえてもそこまで深い由来はないかと

ぬるぽ
ラッタ「ガッ」
ガッ

ラッタラッタ‼ラットラ~タ~♪
↑くそっ俺がやろうとしてたネタを・・・・・

つ「ねこいらず」

かつて専用技だった怒りの前歯も今となってはいろんなポケモンが使えるようになってしまった・・・

ラッタの夢特性はりきりかー悪くはないかもなーとか思ってたら
はりきりギガインパクトが厨ポケのちからずくフレアドライブと同威力…だと…!?
↑それは別にこんじょうでも変わらんだろw
はりきりなら、いじっぱりのハチマキすてみタックルで防御特化クレセリアが確定2発だぜ!
↑↑爆発を除いた場合の決定力ランキングで
1ラムパルド 2ケッキング 3ヒヒダルマ、 ラッタ  5チャーレム
これは素直に凄いと言うべきだろう、かっこいいぜ
↑俺のユクシーを8割りぐらい削りやがったぜ。。。
舐めて掛かったら痛い目見た
↑陽気ハチマキすてみタックルでH252B4振りFCロトムがぴったり確1。ラッタはじまったな

赤緑のころ、こいつとアーボックは仲が悪いという設定があり、いわゆるハブマングースのような関係だった。

イカサマは覚えない…うっ!

はりきりラッタを使っていて状態異常が怖いと思ったらその子にからげんきと毒毒玉を持たせてみよう
より短命になるが、異常を気にせず、しかも威力140の一致技がうてるようになるぞ!
毒毒ケンタロスと同じ要領で新しい型作れるんじゃね?
↑こいつのもうひとつの特性にも目を向けてあげて下さい
↑↑ちょっとワロタw
一見真面な事言ってるけどよく考えたらおかしいなwwww
根性との唯一の違いは1ターン目から石火なり不意打ちなり強化出来る点か

上の種族値の比較を見ればわかるとおり、
はりきりor根性発動時のラッタの攻撃力は、オノノクスのそれと同じ。
つまり、根性空元気>はりきり捨て身タックル=オノノの逆鱗。
アイテムを考慮すればまた変わってくるだろうが、まあそれははりきり型にも言える事だし。
…これを聞いて、「マジかよ!?ラッタの火力TAKEEEEEEE!!!」と思うか、「マジかよ・・・。オノノクス、意外に火力無いな」
と思うかがわかれる気がしてきた。
↑俺は「マジかよ・・・。ラッタ、意外に火力無いな」だった。
攻撃147って一見すごそうに見えるけど(事実すごいんだけど)いざ自分で使ってみると別に等倍でバッサバッサ倒せるわけでもないし、
いくらはりきって捨て身しても相手がちょっと堅くなれば確一にできないんだなぁ…て気分。いや、大火力なのは分かってるんだけどね?
↑俺はそれよりも根性の能力補正に驚いた
↑根性というより空元気だな。なんたって70の2倍だから威力140。
そこにタイプ一致と根性の補正がかかるんだから強くないわけがない

無印アニメでサトシが一時的にバタフリーと交換して手持ちに入れていたラッタはなんと飛び膝蹴りを使っていた。
↑勘違いされやすいけど使ったのは「とびひざげり」ではなく「とびげり」。
ポケwikiのサトシのラッタの技が「とびひざげり」なってるけど、あれは間違いね。



とっておき型

特性:こんじょう
性格:いじっぱり or ようき
努力値:攻撃252 素早252 HP6
持ち物:きあいのタスキ
技:つるぎのまい/とっておき

性格補正+剣の舞で防御振りハピナス高乱数一発。特性のおかげで火傷にも強い
ただし、先制技持ちや素早さの高い相手に弱く、ゴーストには手も足も出ない

怒りの前歯からとっておきに繋げるのはどう思う?
↑俺もそれ考えた、陽気攻撃全振りラッタだとHP振りポリゴン2が相手の場合、前歯→とっておきでギリギリ狩れるか狩れないか、くらいなんだよな
ただ特性捨ててるわけだし、何より型的に襷前提になりそうで、そうすると襷がむせっかに劣る気がするんだよね

まずルナトーンでマジックルーム→ひかりのかべ→リフレクター→大爆発で退場。
その後、ハチマキ持たせたはりきりラッタ死に出しして、初手まもる(ここでマジックルームが切れる)→タイプ一致・道具補正・特性補正で3.375倍になったとっておき連打ってのを思いついたんだが、どうだろう。
ルナトーンがそこまで耐えきれるかって不安はあるけど、ロマンでは誰にも負けないと思うんだが。

とっておき型2

特性:はりきり
性格:いじっぱり or ようき
努力値:攻撃252 素早252 HP6
持ち物:いのちのたま
技:かたきうちorすてみタックル/とっておき

はじめから全力で殴りにいけるのがミソ。

スカーフさきどり型

性格:さみしがりorやんちゃ
努力値:攻撃252 素早調節 残りは特攻にでも
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:さきどり

スカーフ持たないガブリマンダとその他を狩れる。
他の技を「がむしゃら/でんこうせっか」or「まもる/からげんき」or「カウンター」にすれば、
道具を変えるだけで違う型に早変わり可能。すごいぞー かっこいいぞー

ほぼ確実に一匹は倒せる型

性格:ようきorいじっぱり
努力値:素早252 攻撃252
持ち物:きあいのタスキ
技:いかりのまえば/きしかいせい/ふいうち/がむしゃら

素早で勝てる場合……いかりのまえば→相手の攻撃をタスキで耐える→きしかいせい
素早で勝てない場合……相手の攻撃をタスキで耐える→がむしゃら→ふいうち
素早で勝てるゴーストタイプ……攻撃型ならふいうち連発。持久型なら逃げれ。
素早で勝てないゴーストタイプ……ムウマージとゲンガーぐらいなのでふいうちで。

ガルーラでも、きしかいせい、ふいうち、がむしゃらは使えるが、いかりのまえばがポイント。
ゴースト以外は確実にHP半減可能。そして攻撃喰らってタスキで耐えて、最大威力のきしかいせい。
問題は持久型のヨノワール。素直に逃げた方が吉か。

↑襷がむしゃら型とほぼおなじじゃないのかなこれ。
↑素早さで勝ってしまい我武者羅がうまく機能しなかった時に先制怒りの前歯でアクティブに戦えるのがミソ。
そして何より襷がむしゃら型よりもやる気があるw
↑↑↑耐久型は逃げるって確実に殺せてないじゃないかw
ってだから「ほぼ」なのか。

↑ゲンガーは催眠術してくるんじゃないの?
↑↑ミカルゲ「………」

BWの遺伝技で「いのちがけ」を覚えることができる。
Lv50ラッタの最大HPは162だが、これならHP種族値87以下の無振りを一撃で仕留めることができる。
ただしラッタはお亡くなりになってしまう。

焼き鼠型

性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃、素早さ252 HP6
持ち物:かえんだま
確定技:かえんぐるま
どこぞやの焼き鳥と違って本当に燃えているぜ。
……正直、某電気鼠よりインパクトがある。
↑実際鋼対策に使ってたぜwww
↑↑「火鼠の衣型」の方がよくね? あともらいび対策にあなをほるとかも入れてみるとか。
ゴキブリ以外は空元気で何とかなる件
↑↑火鼠型でええやん。・・・え?ヒノアラシ?何それ?
↑↑↑サンデーで連載されている漫画でそれを着た主人公がいるが・・・
↑ワイルドボルト習得で某電気鼠化しつつあるのは気のせいか。

電気ネズミ型

性格:おっとり、うっかりや
努力値:特攻252素早さ126攻撃126
持ち物:じゅうでんち
確定技:ワイルドボルト
選択技:10まんボルト、でんじは、でんこうせっか、アイアンテール
ワ、ワイルドボルトだと!?優秀な電気物理技だ・・・
と思ったので作成。じしんかじょうのギャラドスはカモ。
でんじはもいざとなれば撃てる。先制用に電光石火や岩用のアイアンテールも。
火炎球だと思った人ちがいます かみなり?でんじほう?おいしいです
え?ピカチュウ?だれそれ。しらないなあ。
地面タイプに対して何も出来ないのが難点。


読みスカーフ型

性格:いじっぱり
努力値:攻撃252 素早252 HP6
持ち物:こだわりスカーフ
特性:こんじょう
確定技:からげんき/おんがえし とんぼがえり
選択技:かみくだく ねごと がむしゃら ギガインパクト
ほぼ誰か一匹は鬼火・毒々を持っているだろう6on6で使おう
取りあえず相手の状態異常技を読んで出す。後はスカーフ空元気で暴れるだけ
催眠対策をしたいのなら寝言+恩返しで。空元気の威力は眠り状態では上がりません
読みが外れたらギガインパクトかがむしゃらで退場だ!

特殊型

性格:ずぶといorのんき
努力値:防御252 特攻252 HP6
持ち物:たつじんのおび(フォーカスレンズ)
確定技:れいとうビームorふぶき 10まんボルトorかみなり
選択技:ふいうち がむしゃら ちょうはつ めざめるパワー水 カウンター くさむすび

マニュ、ゲンガー、アグノム、サル等、襷を持ちそうなポケと組ませる。それによりラッタを根性空元気型と思わせるのが最大のポイント。
初ターン守る読みや油断して舞ってきたガブリ、ギャラを確定技で倒す。
相手は半減実を持っていなくても乱数で耐えるので二発ぶち込む必要がある。
しかし柔らかそうに見えるがこの努力値振りで意地っ張りガブリの逆鱗、意地っ張りギャラの一舞滝登りを確定で耐える。
役割を果たしたら選択技の不意打ちで襷潰し、がむしゃらで大ダメージ、挑発を打つ、等が考えられる。

↑でも意表突くだけならネタwiki行きじゃね?
デンリュウの物理型も半ネタなんだし。
↑がむしゃらや挑発があるから多くのポケに対応できると思って作った。
めざパはハガネールや、ラグ・ハッサム等4倍弱点を突けるタイプに直しといた。
↑↑↑油断して舞ってきたガブリは普通に潰される気がするが
↑↑めざ草より草結びの方が威力高いだろ、しかもガブには交代読み冷凍Bしない限り勝てなくない?
それと、計算してみたら持ち物無しなら無振りガブ、HP20振りギャラはそれぞれ中、低乱数一撃だから変えといた
まあもう少し練れば中々面白そうな活躍できるかもな、ネタ送りはまだ早いだろ
↑狙える範囲が狭すぎるのは既にネタだと思う、役割自体が既に運頼み。そこだけピンポイントで入れるぐらいなら別に任せりゃいい。
我武者羅や挑発は既存の型でうまく使えばいいだけの話、素早さ捨ても痛いし。

あくまで相手を嵌める一種の方法としてのネタって意味合いが一番強いので移動。
練ってもっとうまくできる根拠があったら復権か。

二刀流

性格:むじゃきorせっかち
努力値:素早さ252 特攻調整 残り攻撃
持ち物:いのちのたま
確定技:おんがえし/かみなりor10まんボルト
選択技:いかりのまえば/ふぶき/れいとうビーム/くさむすび/ふいうち/かみくだく/でんこうせっか/みがわり/ちょうはつ/でんじは

特攻無振りかみなり,92振り10まんボルトでエアームド確定2
12振りふぶきでグライオン確定1,108振りくさむすびorふぶきでカバルドン確定2

物理受け交代読みにいかりのまえばも決まれば美味しい。

上の特殊型と同様、相手が攻撃してこない前提で範囲が狭いので。
対耐久型想定なら前歯か我武者羅警戒されるのも考えたほうがいいかと。

こんじょうと思わせるだけの型

特性:はりきり
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:どくどくだま
技:ギガインパクトorひっさつまえば/いかりのまえば/まもる/(できれば)アイアンテール

初手まもるでどくどくだまが発動したら相手は間違いなくこんじょうだと思うだろう。
もともと短命なためかえんだまじゃなくてもそれほど違和感は無いはず。
ここでできれば鋼に交代読みでいかりのまえばを撃ちたいところ。
状況から見てできそうになければ普通に攻撃してもいい。
最高威力の攻撃技やイメージに合った技ならロマンで持たせてるんだなぁくらいに思ってもらえるかも。
もちろん本当の理由は命中率100の技を外すと特性がバレるから持たせられないだけなのだが。

はりきりですよ鬼火安定ですよ型

特性:こんじょう
性格:ようきorいじっぱり
持ち物:いのちのたま等火力増強アイテム
確定技:からげんき
選択技:ふいうち/ワイルドボルト/かえんぐるま/とんぼがえり/アイアンテール/いかりのまえば

上の型と武神のところを見てて思いついた。
初手で攻撃してきてしかも球持ちであれば大抵の相手は「ああ、なんだはりきりか」と思ってくれるであろう。
細かく特性は知らなくても、少なくともこんじょうであるとは思わないはず。
鬼火持ちからあえて逃げればなお効果的。
次に対面した際鬼火を打ってくれれば根性球というラッタにあるまじき超高火力が完成する。
武神との違いはラッタの攻撃を受けてこれははりきりが発動しているか否かなんて判断できる人が少ない点。っていうかいてたまるか。
むしろ夢特性がはりきりだと把握されてているかどうかすら怪しいレベル。何も小細工をする必要がない。
火傷させてからの空元気の破壊力を見て相手は恐れおののくのである。お手軽お気軽に超火力!ラッタ始まったな!

現実:相手(ラッタ?タスキでもないし鬼火撃つまでもないか。)

抜きエース型

特性:こんじょう/はりきり
性格:いじっぱり
努力値:攻撃252 HP228or調整 残り素早さ
持ち物:どくどくだま/かえんだま/いのちのたま
確定技:つるぎのまい/ふいうち/でんこうせっか
選択技:すてみタックル/おんがえし/からげんき/かえんぐるま/まもる/ちょうはつ

ハッサム同様剣の舞から先制技で全抜きする型。
毒々玉根性で確実に当てるか、張り切り命の珠で火力を求めるかの2択。

ハッサムと比べ、不意打ち由来の不安定性、耐性による積む隙の少なさ、張切由来の命中不安、根性の場合低火力など 劣る点が目立つが、
ハッサム(虫食い)では出せない一致技の火力があり、技スペの都合一致技と両立できないが鋼への有効な攻撃手段を有する。
また、めざ炎で一撃ということがなく、耐久力が明確な分 積む・積まないの判断をしやすい。
ハッサムと異なり読まれないので相手の読み違い(タスキがむ石火など)により勝ち筋が確保されるケースもある。

張り切り珠は抜きエースとしては致命的な命中不安があるが珠ハッサム並の火力を得られる上、
根性と異なり場に出した最初のターンから高火力の先制技を使える。
剣舞を積んでいなくともラティ確1。火炎車と併せラティハッサムの組み合わせを1匹でメタれるので先発も可。

耐性で積めるハッサムとは異なり積む際の耐久力が必要なためHAベース。
素早さは無振りでも準速ハッサムと同値なので4振るだけで火炎車を打ちたいたいていの鋼は抜ける。
捨て身タックルなどのノーマル技を採用する場合にはHを削ってSを高め、より上から殴ることも検討したい。

珠ハッサムとの火力比較
攻撃対象はH183B115ガブリアス。
A200ハッサム(テクニ/珠) 1舞バレパンが83.6%~98.9% 1舞電光石火が56.2%~66.1% 1舞虫食いが125.6%~147.5%
A146ラッタ(張り切り/珠) 1舞ふいうちが81.4%~96.7% 1舞電光石火が61.7%~73.2% 1舞捨て身が183%~215.8%
A146ラッタ(根性/火炎玉) 1舞ふいうちが62.8%~74.3% 1舞電光石火が47.5%~56.2% 1舞空元気が163.9%~193.4%



配分例
  • 159-146-82-x-92-119(意地っ張り228-252-12-0-12-4)
H:16n-1,10n-1 S:準速ハッサム抜き
  • 143-146-81-x-91-136(意地っ張り100-252-4-0-4-148)
H:16n-1 S:最速キノガッサ抜き抜き


バレパンが通りにくいハッサムと違って、雨パ相手に強気に出していける。
張り切り珠だと1舞不意打ちでキングドラ最高乱数を除き1発。
取り巻きのラティオス、ハッサム、ナットレイにも打点がある。

Lv50コラッタ型

特性:はりきり以外
性格:ようき
努力値:素早さ252 攻撃252 残りHP以外
持ち物:こだわりスカーフorきあいのタスキ
技:がむしゃら、とんぼがえり、おんがえし

あえてLv1で使うと襷→がむしゃら→電光石火で、一体のポケモンを落とせるコイツのスペックは知られているが、進化前でありながら素早さ種族値が72もあることはあまり知られてないだろう。HP種族値は30なので、ガチ環境では防御と特防が230の奴以外にはダメージが入るぞ。何もできない相手にとんぼ返りできたり、スカーフでなければ中途半端に削れた敵をフツーに恩返しで狩れるのがLv1型にない強みだろう。




ラッタ(とその仲間たち)の歴史

序盤ポケモン勢ぞろい

第1世代

赤緑をやった内半分の人が最初に野生で最初に出会うであろうポケモン。残り半分はポッポ。
必殺前歯のタイプ一致もあって習得レベルが早い割には威力が高く、
序盤のポケモンとしてはなかなかの火力を誇る。
秘伝技を全く覚えず、火力も徐々に他のポケモンに追い抜かれていくが、シナリオでは序盤~中盤にかけて活躍した。
なお、レベルアップで覚える技が3つ(初期技含めても6つ)しかないというある意味凄いポケモンであった。
ちなみに最終形態が勢揃いする対戦では火力は低く、スペックの高いケンタロスなどもいたためあまり出番は無かった。

ライバルの序盤の手持ちであったが、ポケモンタワーで突如レギュラーから外される。入る余地はあるのだが…。
↑場所が場所だけにラッタ死亡説がある。

第2世代

特防が50から70に上昇したが、相変わらず突出した能力が無いためどうしても地味な存在。
お友達にオオタチが登場した。彼もまた突出した能力や技が無いためやはり厳しい環境に居た。
ポケモンスタジアム金銀のライバルを倒せ!をコラッタで切り抜けるというネタがあった。

第3世代

特性「根性」と「空元気」の追加により大幅に火力が上昇…したはいいが当時は火炎球も毒毒球も無いため、
発動はダブルで味方に毒毒や鬼火を撃ってもらうか、相手の毒毒などを読んで交代登場という相手任せな感が有った。

序盤仲間にマッスグマが新たに登場。「物拾い」要員として有名であり、また戦闘でも神コンボのおかげで序盤ポケとは思えない強さを発揮した。

第4世代

特性を生かす火炎・毒毒球の登場で他のポケモンに頼らずに特性の発動が可能になり、対戦での実力も上昇。
ゴースト・エスパーに強い不意打ちのおかげでオオスバメとはやや違う道を歩む。
また、火炎車が物理化したため鋼にもそれなりのダメージを与えられるようになった。

序盤仲間にビーダルが登場。実質専用特性を2つも貰うというある意味相当優遇されている。
特性が極悪なため自分で影分身を積んだりバトンの対象にされたりでそれなりに活躍できる。

第5世代

恒例となっている序盤仲間に、あやぴかや催眠など搦め手を得意とするミルホッグが登場。
マッスグマ、ビーダル、ミルホッグと続くインパクト抜群な布陣に対し、元祖であるラッタはオオタチと共に地味な印象がぬぐえない…。
地味ながらもワイルドボルト習得で強化はされているが。

夢特性ははりきり。命中は犠牲になってしまうが、最初からこんじょうと同じ上昇値を得られ、持ち物を選べるため、採用する価値はある。

覚える技

レベルアップ

GBA DS 威力 命中 タイプ 分類 PP
コラッタ ラッタ. コラッタ ラッタ.
- - - 1 つるぎのまい - - ノーマル 変化 30
1 1 1 1 たいあたり 50 100 ノーマル 物理 35
1 1 1 1 しっぽをふる - 100 ノーマル 変化 30
7 7 4 4 でんこうせっか 40 100 ノーマル 物理 30
20 - 7 7 きあいだめ - - ノーマル 変化 30
- - 10 10 かみつく 60 100 あく 物理 25
27 30 13 13 おいうち 40 100 あく 物理 20
13 13 16 16 ひっさつまえば 80 90 ノーマル 物理 15
- - 19 19 ふいうち 80 100 あく 物理 5
- 20 - 20 こわいかお - 100 ノーマル 変化 10
- - 22 24 かみくだく 80 100 あく 物理 15
- - 25 29 ダメおし 50 100 あく 物理 10
34 40 28 34 いかりのまえば - 90 ノーマル 物理 10
- - 31 39 すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15
41 50 34 44 がむしゃら - 100 ノーマル 物理 5

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技05 ほえる - 100 ノーマル 変化 20
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20
技13 れいとうビーム 95 100 こおり 特殊 10
技14 ふぶき 120 70 こおり 特殊 5
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技24 10まんボルト 95 100 でんき 特殊 15
技25 かみなり 120 70 でんき 特殊 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技28 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技46 どろぼう 40 100 あく 物理 10
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10
技67 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技73 でんじは - 100 でんき 変化 20
技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 30
技83 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30
技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技88 ついばむ 60 100 ひこう 物理 20
技89 とんぼがえり 70 100 むし 物理 20
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技93 ワイルドボルト 90 100 でんき 物理 15
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
秘01 いあいぎり 50 95 ノーマル 物理 30
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15
※以下は第4世代までの技マシン BW
技23 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 PDW
技34 でんげきは 60 - でんき 特殊 20 ×
技43 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20 ×
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
技78 ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20 ×
技82 ねごと - - ノーマル 変化 10 ×
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 ×

タマゴ技

GBA 4th BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
いやなおと - 85 ノーマル 変化 40
かえんぐるま 60 100 ほのお 物理 25
みだれひっかき 18 80 ノーマル 物理 15
かみつく 60 100 あく 物理 25
カウンター - 100 かくとう 物理 20
きしかいせい - 100 かくとう 物理 15
さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10
いばる - 90 ノーマル 変化 15 BW:技87
とっておき 140 100 ノーマル 物理 5
さきどり - - ノーマル 変化 20
リベンジ 60 100 かくとう 物理 10
いのちがけ - 100 かくとう 特殊 5

教え技

FL Em XD Pt HS BW2 威力 命中 タイプ 分類 PP BW
のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15 ×
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15 Lv.
ものまね - 100 ノーマル 変化 10 ×
でんじは - 100 でんき 変化 20 技73
みがわり - - ノーマル 変化 10 技90
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15 BW2
こごえるかぜ 55 95 こおり 特殊 15 BW2
こらえる - - ノーマル 変化 10 ×
どろかけ 20 100 じめん 特殊 10 ×
いばる - 90 ノーマル 変化 15 技87
ねごと - - ノーマル 変化 10 BW2
スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20 ×
まるくなる - - ノーマル 変化 40 ×
しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 15 BW2
とっておき 140 100 ノーマル 物理 5 BW2
がむしゃら - 100 ノーマル 物理 5 Lv.
いかりのまえば - 90 ノーマル 物理 10 Lv.
ずつき 70 100 ノーマル 物理 15 ×
ほしがる 60 100 ノーマル 物理 40 BW2
さわぐ 90 100 ノーマル 特殊 10 BW2
アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 PDW

その他

威力 命中 タイプ 分類 PP 詳細
リフレッシュ - - ノーマル 変化 20 XD
でんこうせっか 40 100 ノーマル 物理 30 PDW
さきどり - - ノーマル 変化 20 PDW
アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 PDW

遺伝

タマゴグループ 陸上
孵化歩数 3840歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で----歩)
性別 ♂:♀=1:1

遺伝経路

全てドーブルでOK。