※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

用語集


目次

キービジュアル

羽海野チカによる書き下ろし。メリーゴーランドに乗る滝沢と咲がクレーターの空いた街を見下ろしている。どこかファンタジック。
「この一枚が、物語をむずかしく終わらせそうだったのを変えてくれた。」
「ややこしくなくても二人がたたずんでいればいいと教えてくれた。」

東のエデン

咲がはじめたリサイクルコミュニティ。中古家具や古着、いらなくなったパソコン、オーディオ機器等、リサイクル品をフリーマーケットで販売し、学生間でシェアしている。参謀・平澤一臣の参加で、「東のエデン」は携帯サイトを展開。一時は学内で話題になるものの、とある事情から、現在では活動は下火になっている。

東のエデン(携帯サイト)

携帯カメラで、すべての事象をQRコードのように読み取って、ネット上に無数にアーカイヴされた画像から該当する画像を探し出すあたらしい検索エンジン。「レイヤー」と呼ばれる機能も実装し、画像に書き込みを貼り付けられる。

迂闊な月曜日

日本の主要都市に10発のミサイルが落ちた日、2010年11月22日(月)の呼称。
ミサイルは各地に大きな穴をあけた。
事故なのか事件なのか、テロ攻撃なのか軍事攻撃なのか?
何もわからないまま3カ月が経過している。
日本が攻撃されるとは思ってなかった首相が臨時ニュースで「迂闊だった」と言ったことから付いてしまった名前
アニメ放送直前に北からのミサイル騒動があった。

ノブレス携帯

滝沢が持っていた謎の携帯電話。「セレソン」と呼ばれる12人の日本代表だけが持っている。100億円の電子マネーがチャージされていて、その残高と引き換えにセレソンの願いを叶えてくれる。このノブレス携帯を使って、セレソンは日本を救わなければならない。
第3話にて指紋認証により少なくともセレソンシステムは第三者や他セレソンには使えないことが判明。
背面にセレソンナンバーがでっかく書いてあるので見られたらナンバーバレバレ。

セレソン

Mr.OUTSIDEなる人物によって選ばれた12人の日本代表。セレソンは"何でも願いが叶う"ノブレス携帯を与えられる。「この国を正しき方向へ導く」という任務を強制的に課せられ、義務を果たさないセレソンはサポーターによって消滅させられる。

サポーター

ノブレス携帯を正しく使っていない者を消滅させる役割を持つセレソン。12人の中に1人だけ紛れているらしい。セレソンたちは誰がサポーターなのかを知らない。
第3話にて残高を使い切った者も対象であると判明。

ジュイス(CV:玉川紗己子)

THE ABUSE OF GREATNESS IS WHEN IT DISJOINS REMORSE FROM POWER[ジュリアス・シーザー 第二幕第一場]
[権力の弊害は、権に驕って反省を忘れたときにはじまる]
各セレソン専属のコンシェルジュ(総合世話係)。ジュイスはセレソンの依頼を現実のものとすべく手配する。ジュイスが受け付けた依頼内容と残高は各セレソンに通知される。
声が同一だが口調はやや違う。別人なのか、単に各セレソンへの感情の差なのか。

セレソンシステム

日本国内の範囲で働くノブレス携帯用の特別なシステムとしかわかっていない(他のセレソン活動履歴の閲覧など)
近藤がNo9のアメリカでの動向を掴んでいなかった事から、海外ではセレソンシステムは働かないようだが、コンシェルジュであるジュイスのサポートは受けられるようである
セレソンシステム範囲内だと携帯を切る時ジュイスが「ノブレス・オブリージュ」を付けてくれる。何だか得した気分
しかし範囲内にいる場合は「持てる者の義務」を遂行しなくてはいけないらしい。はいっ、アメとムチってやつですね。わかります。

ノブレス・オブリージュ(フランス語:noblesse oblige)

「貴族の義務」あるいは「高貴な義務」のこと
英語読みでは「ノーブル・オブリゲーション」
日本(セレソンシステム)圏内になってジュイスの電話を切る時に付くようになった
一般的には、力あるものはもたざる人々にその力を使った社会的貢献を行う事で力の釣り合いがとれるという考え方
イギリスの女優が出した手紙「…確かに『貴族が義務を負う(noblesse oblige)』のならば、王族はより多くの義務を負わねばならない」から来ている(wikipediaより)
noblesse oblige(英辞郎より)
〈フランス語〉ノブレス・オブリージュ
◆貴族や上流階級に生まれたものは、社会に対して果たすべき責任が重くなるという格言。
特に高潔な振る舞いと、社会の恵まれない人に対する慈愛の心が求められる。
◆【語源】nobility obligates(高貴なるものは義務を負う)の意味。

ワシントン記念塔

アメリカ合衆国に初の大統領であるジョージ・ワシントンが誕生した事を記念して作られた塔
ワシントンD.C.の中心部に位置する、ナショナル・モールの中心にそびえ立つ
一話目の冒頭に何度も出てくる
滝沢とワシントン記念塔の後ろから光を当てて同一と見させるカットまである念の入れよう
王子誕生の暗示なのか?タイムリープのネタ振りなのか!?ただ好きだったので一杯入れちゃいました、テヘッなのか!!?

フリーダムタワー

実際にグラウンドゼロに建築中の5つの超高層ビルと慰霊場などの事
建設完了予定日は2011年
アニメの中の時間では建設完了しているようである
咲曰くペロ~ンと綺麗になっているらしい。
ミサイルテロを考えさせる描写なのは間違いない。勉強になるなぁ

ニート大量失踪事件

現在のところ詳細不明。失踪した原因、理由、目的や手段も不明。
第2話放送時点でわかっているのは「2万人のニートが失踪した」という事だけ(本編や予告から確認できる)。
ワシントンの滝沢の部屋にあった写真(たくさんの裸の男たち、滝沢?に対して「○す!」という物騒な書き込みがあった)は失踪したニートたちなのだろうか?
第2話では近藤が乗っていた車の無線に「ニート大量失踪事件に関係していると思われる24歳無職の男性の事情聴取に向かってください」との連絡が入る。
ちなみに、以前「2万人の児童が行方不明になる事件」が発生したが、その事件と本件は無関係だと思われる。

アーバン・マネージメント・ショッピングモール

滝沢が記憶を失う前に買収したと思われるショッピングモール。
第3話にてやはり大量のニートが集められていたことが判明。
豆柴と出会い、大量のゴミと携帯電話の山が残されていた。
施設はそのまま稼動できるようであり映画も上映できた。
二万人の裸のニートが押し込められていたさまはきっとまさにドーンオブザデッド。


六冊の偽造(?)パスポート

5年用(紺色)と10年用(赤色)の2種類があった(滝沢朗名義のは紺色)
以下はその6つのパスポートの名義
滝沢朗(1989年1月7日-)
細澤直樹(1983年10月30日-)
長谷川和也(1980年9月25日-)
黄瀬耕史(1979年2月14日-)
渋谷真(1993年5月3日-)
岡田信太郎(1973年7月21日-)

水上バス

ミサイル事件により、寸断された交通網の変わりに通学、通勤に重宝されるようになった。観光用の運行時間も一部改訂されている。
べ、別にロマンチックな雰囲気の為に使ってるんじゃないんだからね!

ミリタリージャケットM-65

隠れ家で滝沢が着替えた服。話にも出てくる映画「タクシードライバー」の主人公が着ていたものと同じもの。
『M-65は、長く続いたベトナム戦争を生き延びた兵士たちが、軍から大量に支給されたM-65を羽織って帰還したという、悲哀のこもったジャケットだそうです。
そんな反逆の象徴としてのM-65を主人公、滝沢朗が着ている理由は果たして...... !?』

S&Wチーフスペシャル

記憶を失った滝沢が持っていた銃
隠し持てる小型拳銃として絶大な支持を得ている
50年も前に作られた定番中の定番の銃で、警察官が携帯できるように、装弾数が一般的なリボルバーの6発よりも少ない5発ということである。
「ダイハード3」「ミッドナイト・ラン 」「狼の挽歌」「フレンチ・コネクション」「デッドフォール」などの映画の主人公が使っている
攻殻機動隊SACの笑い男事件のあおいもこの銃を所持していた

JUIZ CALL

"100億円を使い切る"携帯ゲ-ム。
随所に隠されたパスワード<JUIZ:8桁数字>を探し出し、
『東のエデン』モバイルゲームサイトに入力してFLASHゲームに参加。
あらかじめチャージされてある100億円を、ミッションをクリアしながら消費していく、というもの。パスワードの種類やゲームの成績によって消費額は異なり、多くのミッションをコンプリ-トして100億円を消費した人には豪華賞品をプレゼント!
また、4月9日(木)より放送日当日に発表される電話番号に電話をかけると、本編のようにノブレス携帯のコンシェルジュであるJUIZが応答し、パスワードのひとつを教えてくれる。

http://mobile.fujitv.co.jp/i/sr/h_eden

ブログパーツ

ブログにはられたノヴレス携帯をクリックするとミサイルを飛ばして他のブログに着弾する。
あなたのブログの被害額は何千万円?